産業用IT監視

 

デジタル化と「ITOTの融合」により、ITと生産の世界が融合します。
それぞれの世界から知る必要のあるすべての情報を、1つのダッシュボードでデジタル化チームに提供するには、
1つの監視ソリューションが必要です。

PRTGは、パフォーマンス、わかりやすさ、使いやすさを実現しつつ、監視をシンプルにします。

 

 

無料ダウンロード

センサー数無制限のPRTGを30日間お試しいただけます。30日後、PRTGは無料版(100センサー)に切り替わります。
なお、いつでも有償ライセンス版にアップグレードできます。

 
industry.svg

デジタル化と監視

 

IIoT、インダストリー4.0、M2Mなど、製造業のデジタル化が目下進行中であり、グローバルな生存競争を勝ち抜くための重要な決定要因となっています。従来は隔離されていた製造現場や機械ですが、物流や予知保全、顧客個別生産のために、インターネットにアクセスする必要が出てきています。これらはすべて、従来のITでしか実現できない、全体的な通信が必要です。「ITとOTの融合」、つまり生産と従来のITの融合がそこから生まれました。リスクを回避し、障害を克服し、新しいプロセスを確立することが不可欠です。

 

デジタル化の3つの主な課題

デジタル化は、セキュリティ、通信、概要という3つの大きな課題に直面しています。

 

OTを公開することのリスク

生産を隔離する主な理由は常にセキュリティであり、機械や設備は常に外界から遮断されてきました。機械が顧客と通信できるように(たとえば顧客が直接注文できるように)、またインフラの他の部分と通信できるように製造現場を公開するには、新しい方法でOTをオープンにする必要があります。融合にはOTの公開が必要ですが、これによりリスクが生じます。

通信の問題

機械や設備は隔離されており、外部(IT)の世界と通信する必要がなかったため、従来のITと互換性のない独自のシステムやプロトコルが開発されました。MQTTなどの汎用プロトコルやOPC UAなどの標準規格で問題を解決することはできますが、そのような汎用言語を理解できるITシステムはまだまだ少数です。多様なプロトコルや標準規格があるため、ITOTの間の通信に障害が生じています。

概要の欠如

単純なIIoTの取り組みであっても、再考し、新しいプロセスを確立することが必要です。従来は隔離されていたエリアを接続し、新しいプロセスを確立して継続的に制御しなければなりません。これを実現・確保するためには、優れた中央制御ステーション、あるいは生産とITを監視・可視化・制御・規制するSCADAシステムが必要です。単純なデジタル化の取り組みでも、複雑なプロセスが必要であり、中央制御ステーションやSCADAシステムなしでは実現できません。

 

デジタル化の構成要素としての監視

従来のIT監視ソリューションには、「ITとOTの融合」で主要な役割を果たすためのすべての機能があります。セキュリティを確保し、
通信プロセスを監視し、中心的な概要を提供します。ただ、そのためには、自明ではない多くの条件を満たさなければなりません。

 

「ITおよびOTに対応」

ほとんどのIT監視ツールは「IT言語を話す」だけなので、PingSNMP、フロー、スニッフィングなどの従来のITプロトコルしかサポートしていません。ITとOTを組み合わせるには、少なくともJSONやMQTTなどのAPIとサポートプロトコル、またはOPC UAなどの標準が必要です。

セキュリティの監視

ITとOTを融合する際は、セキュリティが中心的な役割を果たします。監視ソリューションは、ファイアウォール、ウイルススキャナー、バックアップシステムなどのセキュリティツールをすぐに使用できるようにして、一種のメタセキュリティツールのように機能し、セキュリティを確保する必要があります。

概要を生成する

シンプルなレポートや3つのダッシュボードのうちのいずれかを選択するだけでは不十分です。ITとOTを融合するには、監視ツールでマップとダッシュボードを個別に作成し、ITとOTのそれぞれの世界のアイコンと要素を統合して、 ITエキスパートだけでなく、OTスペシャリストにも理解しやすいデータを提供する必要があります。

行動する

ITとOTが混在する環境では、システム管理者にメールを送信するだけでは不十分です。個々のアラート管理を確立するためには、役割と権限のシステムが必要です。デスクから離れた場所にいる人にも通知できるように、SMSやプッシュ通知など、さまざまな通知方法が必要です。最後に、問題を自動的に解決するアクションをトリガーすることは、多くの場合必須です。

 

PRTG Network Monitorによる「ITとOTの融合」

PRTG Network Monitorは、幅広い機能セットと卓越した使いやすさ、最大の柔軟性を組み合わせた、世界をリードするIT監視ソリューションです。

PRTGは、すべての従来のIT標準に対する標準のサポートに加えて、RESTful API、JSONおよびMQTTのサポートを提供することで、製造現場、環境パラメーターを監視するIoTデバイス、一般的な標準を超えるITデバイスやアプリケーションを簡単に統合できます。

 

 

大規模な分散環境の監視

PRTGはあらゆる規模のインフラに対応します。アーキテクチャにより、1つの実装、1つのライセンス、1つの中央ダッシュボードで、ローカルおよび地理的に分散した環境を監視できます。これは、IT環境とOT環境がともに成長している場合に不可欠です。複雑なセットアップを構造化して整理でき、複雑な組織構造をダッシュボードやビジネスサービスにマッピングすることもできます。 

 

 

ユニバーサルコミュニケーター

PRTGは、すべての一般的なITプロトコルと言語を「話す」だけでなく、JSONとMQTTを理解し、産業用デバイスやIoTデバイスと通信します。RESTful APIは、他の翻訳スペシャリストやツールと統合することで、ほとんどすべてをPRTGに接続するための基盤です。APIで個々のスクリプトを使用すると、アクチュエーターのアクションをトリガーすることもできます。

 

 

セキュリティ優先

PRTGは、ファイアウォールからウイルススキャナーやバックアップシステムまで、あらゆる種類のセキュリティツールを監視します。マルウェア攻撃のヒントとなる可能性のある異常なアクティビティを明らかにすることで、セキュリティレベルをさらに高めます。すべてのライセンスにフェールオーバークラスターが含まれているため、PRTGは24時間365日障害を発生させません。

 


正確な情報

産業用ITでは、すべての障害について、「適切な人」に「適切な場所」で「適切な情報」を「適時に」提供することが非常に重要です。PRTGは、Syslogメッセージング、Slack、Microsoft Teams、メール、SMS、プッシュ通知など、あらゆる方法でアラートを行います。役割・権限システムと柔軟なアラートオプションを組み合わせることで、すべての問題をできるだけ早く、適切な担当者に通知できます。

PRTGのカスタマイズ可能なマップとダッシュボードは、カスタムアイコンで簡単に拡張でき、技術者やエンジニアが一目で理解できるように情報を提供します。

 

 

 

明確なライセンスで、適正な価格設定

PRTGのすべてのライセンスには、アドオンやモジュールなしですべての機能が含まれています。これにより、ライセンスが明確になり、投資対効果の計算がしやすくなります。PRTGには、2つの異なるライセンスオプションがあります。永久ライセンスとしてのCAPEXベースと、サブスクリプションモデルとしてのOPEXベースです。どちらのオプションも、需要の増加に応じて、簡単に監視を拡張できます。

 

無料ダウンロード

センサー数無制限のPRTGを30日間お試しいただけます。30日後、PRTGは無料版(100センサー)に切り替わります。
なお、いつでも有償ライセンス版にアップグレードできます。

 
gartner-peer-insights-badge-white.svg

Paesslerは、ガートナー社の「Gartner Peer Insights」で、「顧客が選ぶITインフラ監視」部門と「顧客が選ぶネットワークパフォーマンスの監視と診断」部門に選ばれました。

「優れたインターフェース、直感的な操作、完全なRESTサポート、カスタムスクリプト、レストセンサーが付加価値を高めてくれます。現在、PRTGを複数の環境とユースケースで10年間使用しています。これまでで最高のインターフェースを持ち、経験がなくても簡単に設定できます」

開発運用マネージャー、業界:製造業、役割:研究開発/製品開発、企業規模:5億~10億ドル

Gartner Peer Insightsでレビュー全文を読む  

 

顧客の成功事例

PRTGのITシステムの信頼性は、世界中の企業から高い評価を受けています。

  

 

 

Bosch Rexroth社のインテリジェント製造をPRTGがサポート

Bosch Rexroth AG社は、オープンコントロールシステムを備えた電気駆動装置を開発および生産しています。これは、インテリジェント生産プラントの基盤、つまりインダストリー4.0プラントの基盤を形成しています。世界中のさまざまな業界の顧客が、20万種類のRexroth製品を、さまざまなバッチサイズで注文できます。ローアアムマイン工場とエルバッハ工場をインダストリー4.0環境に転換することで、品質と生産性の両面で生産効率が大幅に向上しました。

導入事例をすべて読む

Quaker Houghton社のネットワーク管理は、PRTGでスムーズに

Quaker Houghton社は、鉄鋼、アルミニウム、自動車、航空機、機械、工業用部品などのメーカー向けの工業用プロセス流体を開発および製造する化学会社です。全世界で4,400人の従業員を擁し、78の事業所、34の生産拠点、35の研究開発拠点を有しています。欧州本社は、北ホラント州アウトホールンにあります。ここから、シニアグローバルインフラエンジニアのErik Kemper氏は、米国人のITスタッフ2名とともにQuaker Houghtonのグローバルネットワークインフラを管理しています。


導入事例をすべて読む


Carambar & Co社は、PRTGで生産性が向上

情報システム(IS)の安定化、信頼性の向上、およびパフォーマンスの最適化のために、新しい食品および飲料グループであるCarambar & Co社は、IT監視ソリューションの導入を決定しました。Carambar社のCIOであるMarc Boullier氏によって、実装の容易さと日常業務の効率性の高さから、PRTGが採用されました。統合パートナーであるCVC ITは、最適な使用のためにソリューションを活用する方法をCarambar & Co社にアドバイスしました。

導入事例をすべて読む

Skytex Groupは、PRTGで技術インフラ全体を監視

Skytex社は、北米および中南米自由貿易協定地域において、強撚ポリエステル織物、およびスパンデックスを使用した丸編み、染色、プリントの合成繊維を製造する最も重要なメーカーの一つです。最先端の設備とテクノロジーを備えており、世界有数の近代的なメーカーとして知られています。

導入事例をすべて読む

 
 

詳しい情報はこちらから!

産業用IT監視についてもっと知りたいですか?
ヒントがいっぱいのブログ記事やウェビナーを、ぜひチェックしてみてください。

 

 

PRTGを使用して生産ラインを監視する

この記事では、ITのバックグラウンドを持つ生物科学者とITネットワーク管理者が、Raspberry PIに接続されたPRTGとシンプルなセンサーを使って、低コストで強力な生産監視システムを構築した方法についてご紹介します。

ブログ記事を読む

PRTG を使用してMQTTラウンドトリップを計測する

このブログ記事では、MQTTラウンドトリップセンサーをご紹介します。MQTTブローカーの可用性を監視することで、IoTデバイスが常にデータを配信できるようになります。

ブログ記事を読む

OPC UAが今後数年間で産業オートメーションに革命を起こす理由

スマートファクトリーや M2M(Machine-to-Machine)通信、さらなる処理と評価のためのデータ収集について、詳しくご紹介します。

ブログ記事を読む
 

 

無料ダウンロード

センサー数無制限のPRTGを30日間お試しいただけます。30日後、PRTGは無料版(100センサー)に切り替わります。
なお、いつでも有償ライセンス版にアップグレードできます。

This third party content uses Performance cookies. Change your Cookie Settings or

load anyways

*This will leave your Cookie Settings unchanged.