医療システムと従来型ITインフラをPRTGで監視

 

最新の病院ではデジタル化が進んでいます。このデジタル化の核となるのが、患者データの可用性です。
従来型ITシステムと医療ITのシームレスな連携が求められるなか、必要なのが集中監視です

PRTGは、パフォーマンス、わかりやすさ、使いやすさを実現しつつ、監視をシンプルにします。

 

無料ダウンロード

>センサー数無制限のPRTGを30日間お試しいただけます。30日後、PRTGは無料版(100センサー)に切り替わります。
なお、いつでも有償ライセンス版にアップグレードできます。

 
healthcare.png

高度なデジタル化が進む最新の病院

15年前であれば、X線画像はフィルムにプリントしてから患者さんに見せていましたが、現在では、画像が直接、壁掛けのモニターや医師のタブレットに送信されます。また、多くの場合、医師は患者データへの迅速なアクセスを望んでいます。

患者データには、X線、MRT、超音波画像、検査室や専門家による分析結果、患者の病歴や主治医に関する詳細などがあり、すべて病院のITインフラを介して転送されます。 

  • HIS(病院情報システム) - マスターデータ
  • LIMS(ラボラトリー情報管理システム) - ラボラトリーデータ
  • RIS(放射線科情報システム) - 放射線データ

X線、MRT、超音波、ビデオ内視鏡などの機器から生成された画像は、PACS(医療用画像管理システム)に保存されます。

今日、多くの病院には、システムを接続する中央通信サーバーが設置されており、医師はいつでも関連する患者情報のすべてにアクセスできます。

 

適切な監視ソリューションを見つける

従来型および医療用ITシステムの監視ソリューションは、機能セット、使いやすさ、コストパフォーマンス、ライセンス、
導入にかかる工数、テクニカルサポートなどの標準要件をすべて満たしたものを選ぶべきです。

また、次のポイントに特に注意して選びたいものです。

従来型ITインフラ

医療機器にはすべて、通信用の従来型ITインフラが必要です。システムネットワークで使うハードウェアを設置し、データ転送を監視します。ケーブル、スイッチ、サーバー、ストレージシステム以外にも、Wi-Fiとアクセスポイントが必要です。 

包括的なIT監視

従来型ITインフラは、パフォーマンスとセキュリティを確保できなければ、目的を果たすことができません。医療機器やシステム基盤には、包括的なIT監視が求められます。デバイスの可用性、データ転送、アプリケーションのパフォーマンスを継続的に監視することが必要です。IT監視(ネットワーク監視)は目新しいものではありません。多くのソリューションが出回っていますが、医療機器を監視の概念に統合できるものはごくわずかです。 

データセキュリティ

セキュリティは重要な役割を担っています。病院のITインフラは独立したものではなく、各種機関(健康保険会社、医師、建築技術、行政など)と連携しているため、ファイアウォール、ウイルススキャナー、侵入検知システムなどのセキュリティに求められる水準は非常に高くなっています。

 

 

PRTGなら、医療機器と従来型IT機器をまとめて監視

PRTG Network Monitorであれば、医療機器とIT機器の監視に最適な、集中型の監視ソリューションが実現します。

 

healthcare-monitoring-pyramid-en.svg
 


 ダッシュボードの
カスタマイズ

PRTGなら、ドラッグ&ドロップするだけで、HTML形式のマップをわずか数分で作成できます。また、PRTGは従来型ITインフラと医療ITインフラという2つの世界を1つのビューにまとめて表示できます。 ドラッグ&ドロップでカスタマイズしたダッシュボードを作成すれば、病院内の技術コンポーネントをすべて可視化できます。障害、干渉、停止が発生したらすぐに表示するようダッシュボードを構築したり、担当者に通知や警告を送信するよう設定したりできます。

 

 

複数の拠点を監視

多くの病院には、さまざまな拠点があります。無料のPRTGリモートプローブ機能を使用すれば、1つのインストールやライセンスで、複数の拠点をムダなく簡単に監視できます。PRTGのもう一つの柔軟な機能は、RESTカスタムセンサーです。REST APIに対応するすべてのデバイスを、簡単にPRTGに統合できます。たとえば、冷蔵庫や、温度・空気の質・湿度の監視センサー、施設内のセキュリティシステムなどが挙げられます。

 

 

RESTful API

PRTG RESTカスタムセンサーを使用すれば、RESTful API経由で通信サーバー(Soffico社製Orchestraなど)に接続できます。DICOMを使用すれば、画像データ、X線装置、MRT、超音波、ビデオ内視鏡を監視概要に取り込めます。HL7は、患者データの転送に使用される、最も一般的なプロトコルです。PRTGのネイティブHL7機能を使用すれば、HIS、RIS、LIMSなどのシステムも中央監視ビューに取り込めます。

 

 

PRTGアラートシステム

医療技術におけるデータ転送、保存、分析、公開の設定および機能は、従来型ITネットワークと同様です。PRTGでは、停止が起こる前に警告を知らせるしきい値を定義できます。アラートの受信方法は、メール、SMS、プッシュ通知などから選べます。通知機能は、待機中のユーザーにとても便利な機能です。問題がどこにあるのか、担当者が問題に気づいているかどうかをすぐに確認できます。

 

 

医療用センサーと
データセキュリティ

PRTGでは、RESTカスタムセンサーと、データプロトコルであるDICOMとHL7が拡張され、医療分野の集中監視がさらに行いやすくなりました。ここでは、PRTG eHealthセンサーの概要をすべてご紹介します。

患者データは、HL7を経由して管理・転送されます。PRTGはHL7を介してデータを安全に転送し、関連するマシンを監視します。PRTGが個人データにアクセスすることはありません。監視対象は、データタイプ、容量、経路、デバイスのステータスのみです。

 


PRTGを導入したことで、より信頼性の高いサービスを提供できるようになりました。医療スタッフが最前線の医療を行う上で役立っています。」

NHS Musgrove Park Hospital、ネットワークおよびシステムマネージャー、Mike Isaac氏

ケーススタディ全文を読む

 

無料ダウンロード

>センサー数無制限のPRTGを30日間お試しいただけます。30日後、PRTGは無料版(100センサー)に切り替わります。
なお、いつでも有償ライセンス版にアップグレードできます。

 
 

詳しい情報はこちらから

医療IT監視について詳しく知りたいですか?
ヒントがいっぱいのチュートリアルやウェビナーを、ぜひチェックしてみてください。

 

 

医療IT(監視入門)

このホワイトペーパーでは、医療ITインフラに特化した、完全で信頼性の高い監視ソリューションを実現するためのベストプラクティスをご紹介します。

ホワイトペーパーをダウンロード

医療ITをシンプルに監視する(ウェビナー)

ウェビナーに参加してみませんか? ITインフラを最適化し、医師と患者をサポートする方法をご紹介します。

 

ウェビナーを見る

PRTGで医療ITを監視するには(チュートリアルビデオ)

このブログ記事では、チュートリアルビデオをご紹介し、PRTGでの医療ITセンサーの設定方法を具体的に学びます。センサーによって得られる情報もご紹介します。

ブログ記事を読む
 

 

「導入は実にシンプルでした。PRTGの自動検出機能はとても優秀です。当研究所の機器の80%を正確に分類してくれたので、数日以内に基本監視の稼働を始めることができました。」

Lions Eye Institute、CIO、Rod Bacon氏

ケーススタディ全文を読む

 

 

無料ダウンロード

>センサー数無制限のPRTGを30日間お試しいただけます。30日後、PRTGは無料版(100センサー)に切り替わります。
なお、いつでも有償ライセンス版にアップグレードできます。

This third party content uses Performance cookies. Change your Cookie Settings or

load anyways

*This will leave your Cookie Settings unchanged.