次世代ガバナンスの監視

 

現代の電子行政は、一部の手続きを合理化するだけではありません。意欲的な目標を掲げ、多数の利害関係者が存在し、
多くの法的枠組みの条件から成り立っています。ガバナンスにおける監視は、単なる便利な追加や余分な飾りではなく、
心躍る可能性を組み合わせたものです。市民を中心に据えた行政業務をしっかりと行うために、
2020年代に必要不可欠な要素と言えます。

PRTGは、パフォーマンス、明確さ、使いやすさを確保しつつ、行政監視をシンプルにします。

 

 

無料ダウンロード

>センサー数無制限のPRTGを30日間お試しいただけます。30日後、PRTGは無料版(100センサー)に切り替わります。
なお、いつでも有償ライセンス版にアップグレードできます。

 
gov-illu-2.svg

権限を与えられた行政

電子行政」という用語は、基本的に、国や自治体の市民に公共サービスを提供するために、技術資源を活用することを指します。原則として、すべての相互関係が対象となります。電子行政は、「市民と行政」、「中央行政と行政機関または地域機関」、「行政と市民」、「行政と職員」、そして「行政と企業」の間で行われるデジタルな相互作用で構成されます。「電子行政」と「ガバメント2.0」は同じ意味で使われることもあり、IT調査会社Gartnerでは「ガバメント2.0」の特徴を、次の7項目で定義しています。

  • 市民主導
  • 職員中心
  • 進化し続ける
  • 変革的である
  • 計画と育成の融合を必要とする
  • パターンに基づく戦略能力を必要とする
  • 新たな運用管理スタイルを必要とする

その一方で、ビッグデータ、IoT(モノのインターネット)、運用管理およびビジネスプロセス管理、ブロックチェーン、高度な監視といった分野はすべて、公共部門におけるイノベーションを推進し、サービス提供やリソース管理、意思決定において改善を生み出しています。このような変革は「ガバメント3.0」と呼ばれることもありますが、ここからは、この用語はあまり重視せずに、監視でどのように行政の技術的可能性を高めていけるかを見ていきます。

 

 

ガバナンス監視分野の主な課題

ITと行政の分野には多くの潜在的な課題があり、数項目に焦点を当てるだけでは十分ではありませんが、まずは、
繰り返し直面するパターンの概要を捉えることが大切です。主な課題をこれから見ていきましょう。

 

分散

公的機関の支部や地方自治体、複数の公共データセンターなど、公的機関のほぼすべてのIT部門が、分散した場所を管理・維持しなければならないという課題に直面しています。これに対する1つのアプローチとして、各場所に衛星を設置するモデルがあります(各監視対象デバイスにインストールする必要があるエージェントとは違います)。衛星が観測地点で監視データを収集し、暗号化形式で中央インスタンスに送信し、完全な評価とデータの保存を行います。これにより、運用・保守にかかるコストを抑え、手頃な価格をキープしながら、IT全体を一元的に監視することができます。

異機種が混在するIT環境

支部の統合、既存の構造の統合、ハードウェアとソフトウェアの統合、仮想化などで見られるように、公的機関のネットワークは異機種が混在する環境です。デバイスとアプリケーションでは、独自の監視ツールが使用されています。これらのツールは、ある程度の把握は行えますが、IT全体の概要の表示には向いていません。つまり、メーカーに依存せずにデバイスやアプリケーションを監視したり、特殊なソリューションを監視プロセス全体に統合したりするには、ユニバーサルソリューションが必要となります。ここでカギとなるのは、コストを抑えるためのソリューションの標準化と、適切なインターフェースを介して既存の特殊なソリューションを接続できる柔軟性です。

機密データ

当局や公的機関は、市民の機密データを管理しています。地方自治体は、公共事業者と協力して、水道、電気、ガスの供給を行っています。自治体の消防や警察は、常に対応できるようにしておかなければなりません。これらはすべて、信頼性と安全性の高いIT環境があってこそ実現できるものです。ファイアウォール、ウイルススキャナー、バックアップシステムは、統合セキュリティ概念を構成する標準的な要素です。システムは確実に機能しなければなりません。「バックアップは機能しているか?」「ファイアウォールは機能しているか?」「ウイルススキャナーは最新バージョンか?」これらすべての要素が監視プロセスに含まれているのが、包括的な監視ソリューションです。

 

適切な監視ソリューションを見つける

内部プロセスも市民サービスも、高性能なネットワークの可用性に大きく左右されます。高性能なネットワークを確保するには、
ITに適切な情報を与える必要があります。その情報を提供するのがネットワーク監視の役割です。

ネットワーク監視は細心の注意が求められる分野ですが、すべてのツールがその要件を満たすわけではありません。
包括的な監視ソリューションを導入するにあたり、事前に徹底的な評価が必要となります。次の選択基準をとりわけ考慮したほうがよいでしょう。

 

独立性

独立性は、効果的な監視を行うために考慮すべき、大切な判断基準です。行政においては、主に地方自治(当局や行政機関の所在地が多数ある場合)やベンダーの独立性を指します。独立性は、適正な労力を投入し、実行可能な予算内で確保することが求められます。共通標準は、当然サポートするものとします。

信頼性と拡張性

ガバナンス監視では、セキュリティと信頼性が最も重要です。重要なシステムの監視では、エラー発生を防ぎ、機密データを保護し、攻撃を回避しなければなりません。個々のソリューションの拡張性と、APIを介した統合により、全体像が見えてきます。個々のニーズに最も適した、安全なツールを選びたいものです。

長期データ

過去のデータは、関連する課題について、ネットワーク最適化に選択的にアプローチするのに役立つだけでなく、長期的な定義されたプロジェクトでも役立ちます。行政や公的機関のウェブサイトを高度に監視することで、現在起こっている問題に気を取られて全体像を見失うということがありません。

コストとライセンス

現実を直視しましょう。公共部門はあらゆる支出について、それを選んだ理由を説明できなければなりません。機能性、信頼性、サービスに特に問題がないのであれば、低コストモデルの方がはるかに魅力的です。つまり、ガバナンスの監視ソリューションには、低コストで、いつでも透明性があり、導入後に高コストが発生しないライセンスモデルが求められます。

 
gartner-peer-insights-badge-color.svg

Paesslerは、ガートナー社の「Gartner Peer Insights」で、「顧客が選ぶITインフラ監視」部門に選ばれました。

「詳細な監視ができる優れたツールですね。アラームや通知がとても便利です。機器の追加方法もわかりやすく、サーバーの初期設定も簡単です。(中略)大規模なネットワーク環境を監視するなら、自信を持っておすすめできます。

通信企業のインフラ運用エンジニアからのレビュー(企業規模は100億~300億米ドル) 

Gartner Peer Insightsでレビュー全体を読む 

 

PRTG Network Monitorはガバナンス監視に最適

PRTGでは、行政の現場監視に必要なすべての機能を搭載した、包括的な監視ソリューションを提供しています。

 

 

拠点が多くても安心

行政監視では、拠点の柔軟性が最優先されます。ハードウェアとソフトウェアに多様性があるのは当然であり、多種多様な製品を扱い、監視・管理しなければならないからです。PRTG APIとカスタムセンサーを使用すれば、個々の拠点のソリューションやコンポーネントを、中央監視ソリューションに簡単に統合できます。また、高度な標準化が行われることで、ソリューションのコストも抑えられます。

 

 

重要な時にはアラートで通知

ガバナンスにおけるデータ転送、分析、保存、公開の設定および機能は、企業で見られる従来のITネットワークと同様のこともあります。PRTGでは、停止が起こる前に警告を知らせるしきい値を定義できます。通知の受信方法は、メール、プッシュ通知、SMSなどから選べます。通知があれば、問題がどこにあるのかすぐに把握できるため、呼び出し待機中のユーザーにとても便利な機能です。

 

 

データ保護とセキュリティ

ガバナンス監視では、セキュリティの問題も忘れてはいけません。PRTGは、ファイアウォールからウイルススキャナー、バックアップシステムに至るまで、あらゆる種類のセキュリティツールを監視します。マルウェア攻撃の兆候が見られる異常動作を検出することで、非常に高いレベルのセキュリティを実現します。PRTGは24時間365日、止まることなく稼働し、すべての公共事業をスムーズに運用し、すべてのデータを保護します。

 

 

意思決定が容易に

前述のように、公共部門では、ソフトウェアソリューションを導入する際に、コストとライセンスが争点になりやすいものです。PRTGのすべてのライセンスには、すべての機能が含まれており、モジュールやアドオンは不要です。つまり、ライセンスに透明性があるため、購入決定がしやすくなります。PRTGには、永久ライセンスとサブスクリプションモデルの2種類のライセンスモデルがあり、どちらも需要の増加に応じて容易に拡張できます。

 

無料ダウンロード

>センサー数無制限のPRTGを30日間お試しいただけます。30日後、PRTGは無料版(100センサー)に切り替わります。
なお、いつでも有償ライセンス版にアップグレードできます。

 
 

顧客の成功事例

PRTGのITシステムの信頼性は、世界中の企業から高い評価を受けています。

  

PRTGによる自治体ネットワークの整備

エアドリー市(カナダ、アルバータ州)はPRTGを導入しており、今日ではチームにとって非常に強力な資産となっています。現在、1,000個以上のPRTGセンサーが同市のネットワーク全体で使用されており、帯域幅の消費からブロードバンド無線リンクの監視、企業のメールサーバーやファイルサーバーを含むサーバーのディスク容量まで、あらゆる情報がレポートされています。

導入事例をすべて読む

Cyngor Gwynedd行政区域(英国)、PRTGで重要なサービスを維持

Cyngor Gwynedd行政区域は、複数の公共サービスの供給・管理を行っており、7,000人以上の職員が日々の業務をスムーズに遂行できるように、可用性の高いITネットワークを必要としています。この目標を達成するためには、ハードウェアを効率よく稼働させ、ダウンタイムを防止または排除できるように、ネットワークパフォーマンスの本質をつかみ、定期的なアップデートを行う必要があります。行政区域のサービスは年中無休で行っているため、IT部門は重要な顧客向けシステムがきちんと使えるか監視し、報告する必要があります。


導入事例をすべて読む

 

フラームス=ブラバント州西部の消防団(ベルギー)、PRTGで「ネットワーク火災」を消火

Joeri Jacobs氏は、2014年からフラームス=ブラバント州消防団のシステム管理者を務めています。もう一人の担当者とともに、同地域の10か所すべてのITインフラを担当しています。ブリュッセル周辺の60万人の住民を守るために、サーバーやアプリケーション、プリンターや消防サービスの非常用電源は、昼夜を問わず稼働する必要があります。そのため、ICTチームが、ネットワークとシステムの状態を継続的に監視することが不可欠です。

導入事例をすべて読む

 

 

無料ダウンロード

>センサー数無制限のPRTGを30日間お試しいただけます。30日後、PRTGは無料版(100センサー)に切り替わります。
なお、いつでも有償ライセンス版にアップグレードできます。

This third party content uses Performance cookies. Change your Cookie Settings or

load anyways

*This will leave your Cookie Settings unchanged.