PRTGはオールインワンの帯域幅監視

 


  • PRTGでネットワーク帯域幅を分析



  • PRTGで帯域幅の過負荷を検出

     

  • PRTG帯域幅モニターでSNMP、
    WMI、パケットスニッフィング、
    およびNetFlowをサポート

 

無料ダウンロード

センサー数無制限のPRTGを30日間お試しいただけます。30日後、PRTGは無料版(100センサー)に切り替わります。
なお、いつでも有償ライセンス版にアップグレードできます。

 

 

 

 

 

帯域幅監視とは

帯域幅監視とは、ローカルシステム(LANまたはWi-Fi)で使用可能な実際の帯域幅を測定するための方法です。帯域幅監視ツールは、ダウンロード速度やアップロード速度などのリアルタイムデータを表示し、ネットワークの負荷を防ぎます。一般ユーザーもプロフェッショナルも、帯域幅監視で使用可能な帯域幅をチェックします。

帯域幅を占有している
ユーザーを特定

「誰が私の帯域幅を占有しているのだろうか?」ユーザーから何度もその苛立たしい問い合わせが来ているかもしれません。ネットワーク速度が遅いという苦情が来ているなら、問題の原因を特定する必要があります。PRTG Network Monitorは、デバイスとアプリケーションが使用している帯域幅を確認するのに役立ちます。ご利用のネットワークとハードウェアに応じて、SNMP、NetFlow、パケットスニッフィングなどのさまざまなプロトコルを使用でき
ます。

帯域幅の使用状況を
確認するには

ほとんどの帯域幅分析ソリューションでは、1つのデバイスでしかインターネットトラフィックをチェックできません。ネットワーク内のすべてのトラフィックを測定するには、データをルーターで直接監視する必要があります。SNMP、NetFlow、WMIなどのプロトコルを使用すると、ネットワーク全体の帯域幅の使用状況を監視できます。ネットワーク帯域幅アナライザーであるPRTGを使用すると、送受信されるすべてのトラフィックに関する情報が得られ、どのアプリケーションまたはどのサーバーが最大の帯域幅を使用しているかを確認できます。

 

PRTGで帯域幅監視が簡単に

PRTG Network Monitorを使用すると、ネットワーク環境での帯域幅の使用状況が簡単に追跡・確認できます。 
帯域幅ツールは、ルーターからトラフィックデータを読み取り、結果を3つのグラフで表示します。
これにより、帯域幅の使用率と転送されるデータ量をすばやく手軽に確認できます。

 

 

プロユーザー向けの帯域幅監視

 

i帯域幅、特定の時間内にネットワーク内のあるポイントから別のポイントに転送されるデータ量のこととして認識されます。通常、帯域幅はビットレートとして表され、ビット毎秒(bps)で測定されます。接続の伝送容量を指し、ネットワークの品質と速度を決定する際の重要な要素です。
もっと詳しく知る

 

業務環境(企業や大規模な組織)では、帯域幅が減少すると重大な影響を及ぼします。混乱が生じると、従業員や顧客側で時間のロスとなり、その分が売上の損失につながります。管理者は、帯域幅の占有を迅速に突き止め、取り除く必要があります。

このようなケースでは、当社のPRTG帯域幅監視ツールを使用すると、帯域幅を監視し、帯域幅の過負荷を検出・測定し、潜在的な障害をすばやく認識して、問題の原因を突き止めることができます。

 

帯域幅の測定 :
PRTGが役立つ3つの状況

PRTGを使用すれば、帯域幅の過負荷の可能性をただちに突き止め、クラッシュの原因をすばやく特定できます。
1つのネットワークコンポーネントが過負荷状態になると、帯域幅が急激に失われかねません。

 

Problems with large file transfers

大容量ファイル転送で
生じる問題

ほとんどの会社では大容量ファイルが送信されます。これらのファイルは、容量に応じて、大量の帯域幅を消費します。どのネットワークにもボトルネックが潜んでいるため、転送速度が低下します。

Slow applications

アプリケーションが遅い

社内で使用するプログラムが遅すぎると職場で不満の声が上がっていませんか?ウェブサイトの速度がいつも遅いため、顧客が不満を抱いていませんか?その場合、問題はおそらく帯域幅にあります。

Malfunctions when backing up

バックアップ時の不調

IT部門ではバックアップが不可欠です。一般に、バックアップやデータベースの同期には大量の帯域幅が必要です。適切な帯域幅がないと、ネットワークがダウンしてしまう可能性があります。

 

帯域幅の使用状況の包括的な概要をつかむ


PRTG Network Monitorは、すべてのトラフィックデータをルーターから読み取り、帯域幅を使用するサービスとプログラムについて、また潜在的なボトルネックがどこにあるか、詳細な統計情報を提供します。

PRTGは、帯域幅の使用状況をグラフとランキングで表示し、ポート番号、IPアドレス、プロトコルなどのさまざまなパラメータに基づいて、パケットスニッフィングまたはxFlowセンサー(NetFlow、sFlowjFlow、およびIPFIX)を使用して、正味の帯域幅消費量を表示します。

カスタムアラートは、SMS、メール、またはプッシュ通知によって帯域幅不足を通知します。これにより、すべての帯域幅の問題に先を見越して対応し、問題が深刻化する前にトラブルシューティングできます。

帯域幅の使用率を監視することは、ネットワーク管理を向上させる上で重要です。

 

iセンサーとは

PRTGでは、「センサー」が基本的な監視要素となります。通常、1つのセンサーがネットワーク内の1つの測定値(スイッチポートのトラフィック、サーバーのCPU負荷、ディスクドライブの空き容量など)を監視します。平均すると、デバイスあたり約5~10個のセンサー、またはスイッチポートあたり1個のセンサーが必要です。

ビデオを見る(3分26秒)

 

「システムが常に監視されていることを知っていれば、
誰もが安心して作業できます。」

ドイツ、Schüchtermann Klinik病院のネットワーク管理者、Markus Puke氏

 

PRTGの帯域幅監視の画面サンプル
 

 

PRTGであなたの日常業務をシンプルに

弊社の監視ソフトウェアがあなたのために働き、トラブル発生の可能性を検知したらすぐにお知らせします。
これにより心配することなく、リラックスして日常の仕事に集中することができます。

 

PRTGで時間を節約

PRTGによってサーバーやすべてのネットワークを集中的に監視することができます。ダッシュボードやアプリケーションを通じてITインフラストラクチャの全体を見渡せる機能をお試しください。

PRTGが不安を解消

PRTGのカスタマイズは簡単です。オートディスカバリー機能や事前定義済みの対応デバイステンプレートが使用開始時や他社製品からの移行に役立ちます。

PRTGで費用を節約

こちらのレポートによると、80%のカスタマーがネットワーク監視について前例のない大幅な経費の節約を報告しています。この内容を鑑みると
ライセンスの費用は数週間で採算を取ることが
可能といえます。

 

 

顧客事例 :
オーストリアの鉄道交通でPRTGを活用

oebb-logo.png

「ÖBB Infrastruktur AGデータネットワークは、業務上不可欠なアプリケーションのため、常に問題なく動作することが最も重要です。これを実現するために、管理者はPRTG Network Monitorを導入しました。PRTGは、データネットワークの中央ルーターとスイッチの帯域幅監視に使用されるため、使用率と可用性に関する最も重要なキーパラメータを管理者が決定できます。監視は数千のセンサーで構成され、関連する値のクエリが定期的に実行されます。」

導入事例(ドイツ語)へ

 

お役立ち情報 : まだ監視を始めたばかりで、少しサポートが必要ですか?


Paesslerでは、帯域幅監視の4つの基本的な方法SNMPパケットスニッフィングフロー、およびWMI)を網羅した、マルチパートメール配信による無料講座を行っています。個々のプロセスと、それらを使用してネットワークの帯域幅使用状況を向上させる方法について学ぶことができます。

無料のメールコーチングにここから登録して、Paesslerの帯域幅メーターでリソースを有効活用する方法を
学びましょう。

 

 

20万人のユーザーから信頼され、アナリストから
業界トップクラスとして認められています 。

 

「すばらしいネットワークおよび
インフラ監視ソリューションです。
導入が簡単で使いやすく、
最高のソリューションですね。」

その他のレビュー

「完璧なソフトウェア。サポートも優れていて、あらゆるニーズと要件を満たしてくれます。何らかの監視を必要とする企業
には、欠かせないソリューションです。」

その他のレビュー

「PRTGは、統合インフラ管理およびネットワーク監視サービスであることを主眼に
置いている、優れたツールです。」

その他のレビュー

 

 

無料ダウンロード

センサー数無制限のPRTGを30日間お試しいただけます。30日後、PRTGは無料版(100センサー)に切り替わります。
なお、いつでも有償ライセンス版にアップグレードできます。

 

帯域幅のテスト:
PRTGでテストを成功させる

Video PRTG - Bandwidth Monitoring Methods

PRTGの帯域幅の監視について

Kimberley氏、製品エバンジェリスト

このビデオでは、PRTGが提供する監視方法の概要を簡単にご案内します。ご自身のITインフラストラクチャに最適な方法をご確認ください。

ビデオを見る(3分4秒、英語)

ISPが保証した帯域幅を実際に提供しているかどうかを確認したい場合、多くの管理者と同じく、
SLAチェックを頻繁に行うことになります。では、帯域幅はどのようにテストすればよいのでしょうか。
次の2つの課題が生じます。

課題1

最大スループットをテストするには、回線を最大容量まで使用する必要があります。これは、ネットワーク
テスト中に他のデータ用のリソースがなくなってしまうことを意味します。つまり、ネットワークが麻痺
します。

課題2

100%の測定には、帯域幅をテストする回線の両端に直接設置された2台のコンピュータが必要です。
用意できない場合は、「テストトラック」で検出されたすべてのネットワークデバイスを同時にテスト
することになります。

 

上記の理由により、テスト全体で帯域幅を直接測定することはできないため、短い負荷ピークを生成して回線速度をテストしなければなりません。例えば、数分ごとに小さなファイル(数キロバイト)をダウンロードし、ダウンロードにかかる時間を測定します。

 

ソリューション:
PRTGでテストを行う

HTTP詳細センサーを3つ作り、さまざまな「高速サーバー」(ISPの静的ウェブサイトなど)から約500 kBのファイルにいくつかアクセスします。

数時間にわたり5分間隔でセンサーを作動させます。センサーには、ファイルのダウンロード中に到達する帯域幅をKbpsで指定するチャネルがあります。

たとえば、4 Mbpsの帯域幅が指定されたデータ回線がある場合、500 kBファイルのネットワークテストは1,000ミリ秒(1秒)続きます(4メガビット/秒= 0.5 MB/秒= 500 kB/秒)。

ネットワークテスト中に回線が他のユーザーによって使用されると、曲線上にジッタ(不必要な揺らぎ)が表示されます。これは、使用可能な帯域幅を常にすべて使用してテストが実行されるとは限らないためです。回線上に他のトラフィックがない場合、曲線は直線に近くなります。PRTGによる帯域幅チェックでは、ネットワークと潜在的な問題の原因を監視できます。

注:500 kBのファイルを60秒ごとにダウンロードすると、1日あたり720 MBのデータ量が生成されます。

 

 

帯域幅モニター:PRTGが他より
優れている点

Quick troubleshooting

迅速なトラブルシューティング

監視ツールを使用せずに、遅いアプリケーションやその他の問題の原因を探すのは、時間とコストがかかります。PRTGには包括的なネットワーク帯域幅モニターが実装されています。帯域幅を監視するためだけに約20個のセンサーがあり、これらのセンサーは自動的に作成されます。

Identify shortages

不足を特定する

PRTGでは、長期間にわたって帯域幅を監視し、使用率が急上昇した時間を認識します。これにより、特定のタイミングで生じる帯域幅の拡大を、先を見越して計画できます。ウェブサイトの需要が高いとき、ユーザーがアプリケーションに大きく依存する傾向があるとき、更新が行われようとしているとき(「更新監視」についてはこちらを参照)などが挙げられます。

Promptly diagnose capacity

容量をすばやく診断

帯域幅がそろそろ限界に達しそうですか?PRTG帯域幅モニターを使用すると、最大容量に達したことがすぐに分かるため、新しいリソースをタイミング良く計画できます。

Reduce costs

コスト削減

帯域幅の占有を検出して取り除くことで、ネットワークの効率が向上します。また、長期的なコスト削減効果も得られます。ほとんどの場合、これらの対策だけでPRTGのコストをすぐに回収できます。

Increase morale

意欲を高める

PRTGを帯域幅テスターとして使用することで、安定した帯域幅を提供し、ネットワークの信頼性を高め、容易にITインフラストラクチャの制御を強化できます。その結果、職場の業績向上と顧客満足度の向上の両方において、大きな役割を果たすことになります。

 

PRTGはシステム管理者のためのスイスアーミーナイフ

強力なAPIを使用すれば、PRTGをニーズに合わせて個別かつ動的に調整できます。

  • HTTP-API: HTTP要求を使用し、監視データにアクセスして監視オブジェクトを操作
  • カスタムセンサー: E独自のセンサーを作成し、監視をカスタマイズ
  • カスタム通知: 独自の通知を作成して、外部システムにアラームを送信
  • 新しいREST APIセンサー: XMLやJSONを提供するほとんどすべてのものを監視

 

お役立ち情報:Mathiasに聞いてみよう
「帯域幅を監視しようとしている管理者に伝えたいことは
何ですか?」

「追加でシミュレートされた負荷を使用して帯域幅を測定しようとするのではなく、実際に行うアクションを見て回り、監視することをお勧めします。たとえば、バックアップを実行すると、帯域幅に大きな負担がかかることが多いため、不足やボトルネックを容易に認識できます。」

Paessler AGのPRTG開発者Mathias Hengl

 

Paessler AG –
ドイツの品質工学

無料ダウンロード
  • センサー数無制限のPRTGを30日間お試しいただけます。
  • 30日後、PRTGは無料版(100センサー)
    に切り替わります。
  • なお、いつでも有償ライセンス版にアップグレード
    できます。

 

 

管理者は監視ツールを比較したり、無料のツールを探し出す必要があります。市場にはいくつかのサプライヤーがあります。

PRTGが持つ幅広いメリット

1.無料試用版:PRTGでは無料試用版をお試しいただけます。試用版を使って、リスクなしでネットワーク監視ツールの感触をつかんでみてください。

2.管理者は20万人以上:大企業、中小企業、各種団体、大学、行政機関など、世界中で20万人以上の管理者が当社のネットワーク監視ツールを信頼し、帯域幅を監視しています。導入事例についてはこちらをご覧ください。

3.サポート:質問はありますか?すぐに対応いたします。当社では多くの情報をオンラインでご提供しており、よくある質問、マニュアル、ビデオ、ウェブキャストやナレッジベースにアクセスいただけます。もちろんメッセージを送ることもできます。営業日であれば、24時間以内に折り返しご連絡できるよう最善を尽くします。

PRTG – あなたのネットワーク監視ツール

PRTGは、Paessler AGのオールインワンのネットワーク監視ツールです。当社のソフトウェアは、 ハードウェアサーバーパフォーマンス 、仮想環境、ウェブサイトのアクセシビリティなどを監視し、世界中で20万人以上の管理者によって使用されています。 データベース監SQL監視.  PRTGは、あらゆる ネットワーク解析ツールに適合するツールです。

時間の有効活用・不安の解消・コスト削減を実現。PRTGはわずか数分で設定できます。ぜひ無料試用版をお試しください。いつでもアップグレードが可能です。

 

PRTG

ネットワーク監視ソフトウェア - バージョン20.1.57.1786 (April 1st, 2020)

ホスティング

Windowsにダウンロード または クラウドバージョン も入手可能

対応言語

英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、ポルトガル語、オランダ語、ロシア語、日本語、中国語(簡体字)

価格

100センサーまで無料 (価格帯)

統合監視

ネットワークデバイス、帯域幅、サーバー、アプリケーション、仮想環境、リモートシステム、IoT など

対応しているベンダーとアプリケーション

詳細

This third party content uses Performance cookies. Change your Cookie Settings or

load anyways

*This will leave your Cookie Settings unchanged.