PRTGのシステム要件

 

ほとんどのPRTGユーザーに推奨される設定

PRTGコアサーバーとすべてのリモートプローブは、以下の仕様で実行することをお勧めします。 

  • x64 PC/サーバーハードウェアに直接インストールする。
  • Windows Server 2019、 Windows Server 2016、Windows 10、またはWindows Server 2012 R2上で実行する。
  • .NET Framework 4.7.2以降のインストールが必要です。

PRTGの設定によってもパフォーマンスや安定性は影響を受けますが、ほとんどのPRTGユーザーには、PRTGサーバーのハードウェアのサイズを以下のように設定することをお勧めします。

PRTGユーザーマニュアルの「PRTGリモートプローブのシステム要件」も参照してください。

 

コアサーバーあたりの

センサー

ライセンス

推奨されるコアサーバー

ハードウェア

ディスク容量
(1年間の

データ保持)

ユーザー

アカウント

リモート

プローブ

仮想化

PRTG

クラスター

最大1,000センサー
(およそ100デバイス)

PRTG 1000

2CPUコア、3GB RAM 250 GB 30未満 30未満 ok ok
1,000~2,500センサー
(およそ250デバイス)
PRTG 2500 3CPUコア、5GB RAM 500 GB 30未満 30未満 ok ok
2,500~5,000センサー
(およそ500デバイス)
PRTG 5000 5CPUコア、8GB RAM 1 TB 20未満 30未満 ok not recommended
5,000~10,000センサー
(およそ1,000デバイス)
PRTG XL1 8CPUコア、16GB RAM 2 TB 10未満 30未満 not recommended * not supported
10,000を超えるセンサー PRTGコアサーバーの追加インストールを設定し、プリセールスチームまでお問い合わせください。

 

ok = 可能

not recommended = 非推奨

* お使いの仮想システムに十分な専用リソースを割り当てるか、弊社のプリセールスチームまで直接お問い合わせください。

not officially supported = 公式にはサポートされていません。弊社のプリセールスチームまでお問い合わせください。

注:ほとんどのPRTGユーザーは、デバイス当たり平均10個のセンサーを使用しています。そのため、
例えば1,000センサーのライセンスは、ほとんどの場合、100台のデバイスを監視するのに十分です。

推奨事項のいずれかを超える場合は、弊社のプリセールスチームまでお問い合わせください。喜んで
お手伝いさせていただきます。

必要なシステムリソースの詳細については、以下を参照してください。

 

パフォーマンスに関する留意点

ほとんどのPRTGのインストールでは、パフォーマンスの問題が発生することはありませんが、以下の点にご注意ください。

  • 「経験則」としては、次のようなことが言えます。一般的なPRTGのインストールでは、センサー数が5,000個未満、リモートプローブ数が30個未満、ユーザーアカウント数が30個未満であれば、ほとんどの場合、パフォーマンス上の問題が発生することはありません。ご使用の機器がこの範囲に収まる場合は、そのままPRTGをインストールしてください。
  • 物理マシンを使用してください。PRTG(コアサーバーとリモートプローブ)を実際のハードウェア、特に何千ものセンサーで実行することをお勧めする理由は複数あります。各センサーのリクエストは、多くの仮想化レイヤを経由しなければならないため、パフォーマンスが低下し、測定の精度が低下します。弊社の経験上、1,000個を超えるセンサーを使用する場合は、物理マシンの使用が最適です。PRTGコアサーバーとリモートプローブには、実際のハードウェアを使用することをお勧めします。仮想マシン上でPRTGを実行する必要がある場合は、仮想マシンあたりのセンサー数を5,000個未満に抑え、代わりに複数のPRTGコアサーバーインスタンスを実行することをご検討ください。
  • クラスターノードを追加するごとにパフォーマンスが半減します。PRTGフェールオーバークラスターでは、クラスターノードを追加するごとに監視負荷が倍になります。シングルフェールオーバークラスターでは、上記の推奨数を半分にしてください。フェールセーフ監視が必要な場合は、シングルフェールオーバーセットアップをお勧めします。 これは、2台のPRTGコアサーバーで構成され、それぞれがクラスターノードとして動作します。
  • 5,000個を超えるセンサーを使用する場合は、間隔を1分ではなく5分以上に設定してください。
  • センサーの種類によっては、他のセンサーよりもはるかに多くの負荷がかかります。例えば、xFlowセンサー、VMwareセンサー、Sensor Factoryセンサー、WMIセンサー、Syslog/Trap受信機センサーなどの複雑なセンサーよりも、PingとSNMP センサーの方が負荷ははるかに少なくて済みます。
  • 50未満のチャネルにセンサーを使用してください。50チャネル以上でセンサーを使用すると、これは公式にサポートされておらず、システムのパフォーマンスに大きな影響をもたらす可能性があることをご承知おきください。
  • 各PRTGコアサーバーのアクティブユーザーアカウント数は、30未満に抑えることをお勧めします。 ユーザーが全員同時にUIを使用しない場合(公開ダッシュボードを含む)は、ユーザーをもう少し増やしても問題ありません。
  • 次の機能の使用量を抑えるようにしてください。ダッシュボード(「マップ」)の高速更新、大容量のセンサーレポートの頻繁な生成、パケットスニッフィング、ファクトリーセンサー、トップリストの多用、大規模なネットワークセグメントの自動検出の頻繁な自動スケジュール、APIを介した監視データの常時クエリーなど。
  • 負荷分散:リモートプローブを使用して、監視負荷のバランスをとることができます。負荷を分散するには、異なるコンピューターに複数のプローブをセットアップします。詳細については、PRTGユーザーマニュアルの「リモートプローブ・マルチプルプローブ」の項を参照し、ビデオチュートリアル「PRTGを利用した分散監視」を参照してください。

安定性に関する留意点

ほとんどのPRTGインストールでは、安定性の問題が発生することはありませんが、PRTGの安定性に影響を与える可能性があるため、次の点にご注意ください。

  • リモートプローブを使用する場合、PRTGコアサーバーとリモートプローブ間のネットワーク接続が安定している必要があります。3Gや衛星経由などの不安定な接続でも動作しますが、安定した監視ができない状況が発生することがあります。
  • 一般的には、1台のPRTGコアサーバーにつき、リモートプローブの使用を30未満に抑えることをお勧めします。PRTGでは、1プローブあたりのセンサー数が100未満であれば、最大60プローブまで拡張可能です。
  • ライセンスの有効化にはインターネット接続が必要です(HTTPまたは電子メール経由)。
  • ネットワークの品質も重要な役割を果たします。例えば、UDP経由で監視する場合、パケットロス率が高いと、タイムアウトが頻繁に発生する可能性があります。また、不安定な(WAN)接続を介して接続するリモートプローブも、遅延の原因となります。

コアサーバーとプローブでサポートされているWindowsバージョン

PRTG「コアサービス」と「プローブサービス」は、以下のWindowsバージョンに正式対応しています。64ビット(x64)のOSを推奨します。

  • Microsoft Windows Server 2019
  • Microsoft Windows Server 2016
  • Microsoft Windows Server 2012 R2
  • Microsoft Windows Server 2012
  • Microsoft Windows 10
  • Microsoft Windows 8.1
  • Microsoft Windows 8
  • Microsoft Windows 7*
  • Microsoft Windows Server 2008 R2*

---

注:Windows Serverの「Coreモード」と「最小サーバーインターフェース(Minimal Server Interface)」は公式にサポートされていません。

* Windows 7およびWindows Server 2008 R2では、必要な.NETバージョンを手動でインストールする必要があります。詳細については、ナレッジベースの記事「PRTGに必要な .NETのバージョンは?」を参照してください。

PRTGユーザーインターフェースのシステム要件

PRTGウェブインターフェース

画面解像度1024x768ピクセル(それ以上を推奨)でのPRTGの主要ユーザーインターフェースは、以下のブラウザが公式にサポートされています(パフォーマンスと信頼性の高い順に並んでいます)。

  • Google Chrome 72以降(推奨)
  • Mozilla Firefox 65以降
  • Microsoft Internet Explorer 11
  • それ以外のブラウザや古いブラウザからは、WebUIに全くアクセスできない場合があります。

PRTG Desktop

PRTG Desktopは、サポートされているすべてのWindowsおよびMacバージョンで動作します。詳細なシステム要件については、PRTG Desktopを参照してください。 

モバイルアプリ

AndroidiOS端末向けのアプリを無料で提供しています。詳細なシステム要件については、スマートフォン・タブレット用アプリ、および対応するアプリページをご覧ください。

ITOps Boardのシステム要件

システム要件の詳細はITOps Boardをご覧ください。

:ITOps BoardはPaessler PRTG Enterprise Monitorでのみご利用いただけます。

監視対象デバイスの要件

  • SNMP監視:監視するデバイスにSNMPバージョン1、2c、または3が搭載されている必要があります(SNMP互換のソフトウェアがデバイスにインストールされている必要があります)。デバイスでSNMPを有効にし、PRTGを実行しているマシンがSNMPインターフェースへのアクセスを許可している必要があります。詳細については、PRTGマニュアル「SNMPによる監視」を参照してください。
  • Windows/WMI監視:WMI(Windows Management Instrumentation)監視を利用するには、Windowsネットワークが必要です。上記のWindows OSを搭載したホストPCとクライアントPCが正式にサポートされています。WMIのパフォーマンスに問題が生じるため、ホストPCでWindows VistaやWindows Server 2008を使用してWMI監視を行わないでください。詳細については、PRTGマニュアル「WMIによる監視」を参照してください。
  • NetFlowIPFIXsFlowjFlow 監視:PRTGプローブを実行しているマシンにNetFlow(V5、V9、またはIPFIX)、sFlow(V5)、jFlow(V5)のデータパケットを送信するようにデバイスを設定する必要があります。詳細については、PRTGマニュアル「フローによる帯域幅の監視」を参照してください。
  • パケットスニッフィング:ローカルマシンのネットワークカードを通過したデータパケットのみを解析することができます。スイッチドネットワークでネットワーク全体の監視を行うには、いわゆる「監視ポート」を備えたスイッチが必要です。詳細については、PRTGマニュアル「パケットスニッフィングによる帯域幅の監視」を参照してください。

さらにサポートが必要ですか? 何千ものセンサーの設置を計画していますか?

弊社のプリセールスチームが喜んでお手伝いさせていただきます。[email protected]までお気軽にお問い合わせください。可能であれば、お客様の監視要件を詳細にご記入ください。最適な担当者から回答させていただきます。大規模な設置については、こちらをご覧ください。

 

This third party content uses Performance cookies. Change your Cookie Settings or

load anyways

*This will leave your Cookie Settings unchanged.