ITOps Board

Paessler PRTG Enterprise Monitorの一部として、 ITOps Boardは、複数のPRTGサーバーにまたがるサービス指向の一元概要を作成し、
PRTGセットアップを強化します。

アラートのノイズを大幅に低減し、高度な分析とSLAの監視/レポート機能がついています。

 

 



 

ITOps Boardのしくみ

ITOps Boardは、1台以上のPRTGサーバーからアラートや通知を「収集/関連付け/整理」し、ネットワークとインフラでビジネスサービス指向のビューを作成します。「依存関係図」、「明確で焦点を絞ったダッシュボード」、「自動化されたインシデントワークフロー」を作成します。

 

 

 

 


マルチサーバーダッシュボード

ITOps Boardを使用すると、複数のPRTGサーバー間でリアルタイムのダッシュボードを簡単に構築できます。サービスや役割に応じて、重要な情報を一元的に把握できます。

 


ビジネスサービスの監視

ITOps Boardは、すべてのPRTGサーバーからアラートと通知を収集します。ビジネスサービスごとに関連付けを行い、サービス指向の概要を提供し、PRTGウェブインターフェース同様に詳細ビューを表示します。IT全体の概要をすばやく把握し、優先順位を付けるから、本当に重要なことに集中できます。

 

 

 

 


自動アラート管理

ITOps Boardは、すべてのPRTGサーバーから継続的にアラートを受信します。これらのアラートをサービスに関連付け、役割に応じて優先順位を付けます。このようにITOps Boardはアラートをフィルタリングして集中させることで、一般的なアラートノイズを減らし、本当に重要なものだけに絞り込めます。

 

SLAモデリングと監視

ITOps Boardは、定義されたビジネスサービスごとに、サービスレベル目標(SLO)を定義します。SLO設定に基づいて、サービス品質保証(SLA)のパフォーマンスと可用性を計算して表示します。SLA違反が発生する前に警告が送信されるため、問題に対処して期限内に解決することで、重大なSLA違反を防ぐことができます。ITOps BoardはSLOへの影響に関するデータをElasticに保存することで、Kibanaなどのサードパーティーツールを使ってSLAレポートを作成できます。

 

ご興味がありますか?

営業チームにお問い合わせください。
 

お問い合わせ

 

システム要件とドキュメント

 

ITOps Boardのインストールと使用方法の詳細については、ITOps Boardのドキュメントをご覧ください。

 

ITOps Boardのシステム要件

ハードウェア

Minimum hardware requirements when integrated with PRTG:

  • 2 GHz、クアッドコアCPU
  • 20 GB RAM、64 GB以下(Elasticsearchに6 GBが割り当てられます)
  • 統合ごとに10 GBのサーバー空きディスク容量(プログラムファイルディレクトリ)
  • 100 MBのSQL Serverのディスク空き容量

オペレーティングシステム

  • Windows Server 2012以上

Windows Serverの最新版のご利用をお勧めします。

ウェブサーバー

  • IIS 8.0以上

すべてのIISサーバーにIIS管理コンソールをインストールすることをお勧めします。

Microsoft .NET Framework

  • .NET 4.6.2以上

SQLデータベース

  • SQL Server 2012以上

ITOps BoardはSQL Expressにも対応しています。

Java

以下のJavaバージョンのいずれかを使用してください。

  • Java JDKバージョン12
  • Java JDKバージョン11
  • Java JRE V8(u131以上)

Elasticsearch

  • Elasticsearch バージョン 6.8

 

ITOps Boardのインストールチュートリアル動画

 

 

 

 

 

ITOps Boardの詳しい説明は、以下の動画をご覧ください

This third party content uses Performance cookies. Change your Cookie Settings or

load anyways

*This will leave your Cookie Settings unchanged.