クラウドサーバー監視ソフトウェアPRTG。
オールインワンで、プロフェッショナル。

 


  • PRTGで、すべてのクラウドサービスの概要をすばやく把握



  • クラウド管理ツールを選ぶならPRTG

     

  • IaaS、SaaS、PaaSなど、
    すべてのクラウド戦略を管理

 

無料ダウンロード

>センサー数無制限のPRTGを30日間お試しいただけます。30日後、PRTGは無料版(100センサー)に切り替わります。
なお、いつでも有償ライセンス版にアップグレードできます。

 

 

 

 

 

各種クラウド管理サービス向けにカスタマイズされた、
PRTGセンサーを10個ご紹介
 

PRTG Cloud HTTP Sensor

PRTG クラウド HTTP v2センサー

世界中のさまざまな場所で、特定のクラウドコンピューティングサービスをご利用ですか?それなら、クラウド HTTP v2 センサーを使って、特定の場所から、サービスのアクセシビリティとパフォーマンスをチェックしてみてください。アジア、ヨーロッパ、アメリカに拠点があるPRTGクラウドなら、世界中から応答時間をチェックできます。


 

Could Ping Sensor

クラウド Ping v2 センサー

HTTPセンサーの「弟」であるクラウド Ping v2センサーを使えば、HTTPセンサー同様に、弊社のサービスを介して世界中から、サービスのPing時間を監視できます。サーバーの場所は次のとおりです。


•   アジア太平洋地域(東京)
•   西ヨーロッパ(アイルランド)
•   米国東部(バージニア北部)
•   米国西部(オレゴン)

クラウドPingセンサーのその他の機能については、以下を参照してください。
 

Amazon CloudWatch監視

Amazon CloudWatch監視

Amazon CloudWatchは、アマゾン ウェブ サービス(AWS)の監視サービスとして普及しています。Amazonで複数のアカウントを持っていて、あるアカウントから別のアカウントに切り替えずにすませたい場合や、独立したローカル監視ツールを導入する場合などには、PRTGの利用がおすすめです。すべてのアカウントからデータを取得するPRTGなら、1つのダッシュボードで一元的に利用できます。

PRTGには、以下のAmazon CloudWatchセンサーが搭載されています。

  • Amazon CloudWatch EBSセンサーは、Amazon Elastic Block Store(EBS)クラウドサービスのパフォーマンスを監視
  • Amazon CloudWatch EC2センサーは、Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)サービスのパフォーマンスを監視
  • Amazon CloudWatch ElastiCacheセンサーは、Amazon ElastiCacheクラウドサービスのパフォーマンスを監視
  • Amazon CloudWatch ELBセンサーは、Amazon Elastic Load Balancing(ELB)クラウドサービスのパフォーマンスを監視
  • Amazon CloudWatch RDSセンサーは、Amazon Relational Database Service(RDS)クラウドサービスのパフォーマンスを監視
  • Amazon CloudWatch SNSセンサーは、Amazon Simple Notification Service(SNS)クラウドサービスのパフォーマンスを監視
  • Amazon CloudWatch SQSセンサーは、Amazon Simple Queue Service(SQS)クラウドサービスのパフォーマンスを監視

メールサーバー監視

メールサーバー監視

企業は様々なメールプロバイダーを利用しています。特にメールでは、システムがダウンすると、すぐにIT管理者が呼び出しを受けます。しきい値を適用しておけば、クラッシュが発生する前に、すばやく警告されるので安心です。メールサーバーセンサーも付いています。

VMware監視

VMware監視

Paessler AGは、VMwareテクノロジーの認定パートナーです。VMware仮想マシンセンサー(SOAP)やVMwareホストハードウェアセンサー(WBEM)など、VMware向けの一連のセンサーをご用意しています。これらはESXおよびESXiのサーバーパフォーマンス監視にご使用いただけます。
 

Microsoft OneDrive Monitoring

Microsoft OneDrive監視

OneDriveは、Microsoftのオンラインストレージサービスです。Microsoft OneDriveセンサーは、利用可能なストレージスペースを表示し、容量が上限に近づいたら、適切なタイミングで警告してくれます。センサーにはOneDriveのAPIを利用しています。
 

Dropbox Monitoring

Dropbox監視

Dropboxは、広く普及しているクラウドストレージサービスです。Dropbox Businessを使用すると、大容量のストレージスペースにアクセスできます。PRTGではDropbox APIを使用して、利用可能なストレージスペース(バイト単位およびパーセント単位)を表示します。
 

Google Analytics Monitoring

Google Analytics監視

Googleアナリティクスは、ウェブサイトのトラフィックを追跡し、分析する強力なツールです。Google Analyticsセンサーは、Google APIにアクセスして、最も重要なデータを収集します。PRTGダッシュボードを使えば、ユーザー固有の情報やビューを一目で確認できます。
 

Google Drive Monitoring

Google ドライブ監視

Googleドライブは、Googleが提供する、幅広い用途のクラウドサービスです。Officeアプリケーションは、特にアジャイル企業の間で人気が高まっています。Google ドライブセンサーは、Google APIに直接アクセスし、残りのストレージスペース(バイト単位およびパーセント単位)を表示します。
 

自分だけのクラウドセンサーを作りましょう!

自分だけのクラウドセンサーを作りましょう!

ニーズに合わせてクラウドセンサーを作成いただけます。センサーを作ったら、特定の環境で効果的に動作するように、PRTGをカスタマイズしましょう。

 
quick-overview-tutorial-11-full-width.jpg

PRTG Network Monitorの概要

シニアシステムエンジニア、Heather Pacan

PRTGのさらに詳しい情報については、「PRTG Network Monitorの概要」ウェビナーをご覧ください。今後開催されるライブウェビナーにもご登録いただけます。

ビデオを見る (12:10 min.)

 

iセンサーとは

PRTGでは、「センサー」が基本的な監視要素となります。通常、1つのセンサーがネットワーク内の1つの測定値(スイッチポートのトラフィック、サーバーのCPU負荷、ディスクドライブの空き容量など)を監視します。平均すると、デバイスあたり約5~10個のセンサー、またはスイッチポートあたり1個のセンサーが必要です。

ビデオを見る(3分26秒)

クラウド監視ツールPRTGで使える、250個以上の追加センサーはこちら!PRTGなら、お使いのインフラに柔軟に対応します。

 

PRTGでのクラウド管理の画面例
 

 

PRTGなら、すべてのクラウド戦略を独立して監視

サービスとしてのインフラ(IaaS)

多くの企業では、クラウドコンピューティングサービスを契約して、大規模な仮想サーバー容量を活用しています。

使用例:コンテンツ配信ネットワーク(CDN)をグローバルウェブサイト用に設定し、ウェブサイトのコンテンツを現地のサーバーに保存しています。CDNには、Amazonクラウド、MicrosoftのAzureクラウド、Googleサービスなどがよく利用されます。

このような状況で、独立したクラウド監視ツールが持つ強みは何でしょうか?たとえばAmazonは独自のCloudWatchソリューションを提供していますが、多くの場合、IT部門は各種サービスのために別々のアカウントを持ったり、各種プロバイダーからのアカウントを保有しているのが現状です。

PRTGを使えば、すべてのサービスのアカウントを1つにまとめて監視できます。PRTGは、一目でわかる1つのダッシュボードを使った、包括的なクラウド監視サービスです。

サービスとしての
ソフトウェア(SaaS)

多くの専門部署では、業務に特化したソフトウェアを必要としており、SaaSソリューションを採用することが増えています。さらに、Microsoft Office 365などのサービスに移行する企業も多くなっています。また、多くのメールサービスも、事実上、広く利用されるクラウドソリューションとなっています。

このような状況で、独立したクラウド監視ツールが持つ強みは何でしょうか?IaaSと同様、PRTGを利用する管理者は、個々のニーズに合わせて、簡単にすばやく設定できる包括的なクラウド監視サービスの恩恵を受けるでしょう。

PRTGでは、各種メールサービスや、Dropbox、Googleサービスなどのプログラムに適したセンサー(計測点)をこれまで開発してきました。センサーは、PRTGのインストール時に自動的に作成されます。ですから、管理者は自社のITシステム用にカスタマイズされた監視ツールですぐに業務に着手できます。

サービスとしての
プラットフォーム(PaaS)

開発環境を提供するPaaSサービスはいくつかあります。PaaSサービスを利用するには、多くの場合、管理上の大きな手間や、1回限りの高額な取得料金が不要です。ソフトウェア開発者も作業しやすくなります。最新のPaaSサービスを利用する企業が増えていることは、自然な流れです。

このような状況で、独立したクラウド監視ツールが持つ強みは何でしょうか?一つには、開発業務が非常にセンシティブであるということです。システム障害が発生した場合、多くの場合、高い修復コストが発生します。問題がどこにあるのかすぐにわからない場合は、なおさらです。「問題はPaaSサービス?」「それともルーターの動作不良?」包括的な監視サービスなら、管理者は迅速にすべてをチェックできます。

 

PRTGクラウド Ping v2センサー
 


  • 一般向けサービスの稼働をチェック


  • 世界中からの応答時間
    をチェック
     

  • グローバルな平均応答時間
    をチェック


  • お客様より先に問題
    に対応

 

トピックの説明
 

Googleの調査によると、モバイルサイトの訪問者の53%は、3秒以内にページが読み込まれない場合、ページから離脱することが分かっています。ただ、ウェブサーバーは一般向けにアクセス可能なサービスの一つに過ぎません。もちろんPRTGでは、ウェブサイトの可用性とパフォーマンスをチェックするために、ウェブサーバー(HTTP) センサーなどの各種センサーを提供しています。しかし、VPNコンセントレーター、メールサーバー、FTPサイト、エッジルーターやファイアウォールなど、その他のインターネット関連サービスはどうでしょうか。

顧客、株主、従業員などのユーザーに提供するオンラインサービスはすべて、組織の能力とプロフェッショナリズムを示すものです。パフォーマンスの低下や、ダウンタイムが発生すると、こういったユーザーに対して継続的なマイナスイメージを与えることもあります。

クラウドベースの 「X-as-a-Service」 提供への依存度が高まっていますが、これは、サービスインスタンスの発信元が必ずしも明確ではないことを意味しています。多くのクラウドサービスプロバイダーは、異なる国や大陸にあるデータセンターで運用を行っています。そして、コスト、容量、耐障害性などの要件に応じて、ワークロードを自由に再配分しています。このため、一般向けクラウドサービスの可用性とパフォーマンスを追跡することが非常に困難になっています。

 

クラウド Ping v2センサーが役立つ場面は?
 

オンプレミスで独自のサービスを実施している場合でも、グローバル規模のサービスプロバイダーを利用している場合でも、クラウド Ping v2センサーを使えば、世界中の複数の場所から、デバイスの応答時間をチェックできます。

 

一般向けにアクセス可能なターゲットIPアドレスまたはホスト名でセンサーを設定するだけで、PRTGクラウド内の各拠点から、デバイスにpingが送信されます。ソースロケーションは、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、南北アメリカに数か所あります。各拠点からのping時間に加えて、センサーには「平均応答時間」チャンネルも含まれているため、全体的なパフォーマンスを示す数値が得られます。


PRTGクラウド Ping v2センサーを使用すれば、インターネットに接続されたデバイスやサービスの応答時間を、世界中の複数の場所から測定できます。また、応答時間が許容できないほど遅くなった場合は、アラーム通知が来るため、お客様が問題に気付く前に修正措置を取ることができます。

 

PRTGであなたの日常業務をシンプルに

弊社の監視ソフトウェアがあなたのために働き、トラブル発生の可能性を検知したらすぐにお知らせします。
これにより心配することなく、リラックスして日常の仕事に集中することができます。

 

PRTGで時間を節約

PRTGによってサーバーやすべてのネットワークを集中的に監視することができます。ダッシュボードやアプリケーションを通じてITインフラストラクチャの全体を見渡せる機能をお試しください。

PRTGが不安を解消

PRTGのカスタマイズは簡単です。オートディスカバリー機能や事前定義済みの対応デバイステンプレートが使用開始時や他社製品からの移行に役立ちます。

PRTGで費用を節約

こちらのレポートによると、80%のカスタマーがネットワーク監視について前例のない大幅な経費の節約を報告しています。この内容を鑑みると
ライセンスの費用は数週間で採算を取ることが
可能といえます。

 

 

 

「PRTGを使う最大のメリットは?安心できることですね」

ドイツ、ワイマールのバウハウス大学、Steffen Ille氏

 

一目でわかるクラウドのステータス

PRTGは数分で起動でき、多くのモバイル端末に対応しています。

 

PRTG comes with all the features you need, plus more your IT infrastructure won't want to live without.

 

PRTGは、これらのベンダーやアプリケーションなどを一つのビューで監視します。

 

 

クラウド管理ツールとしてPRTGを選ぶ5つの理由
 

1.概要の作成

Amazon CloudWatchにしろ、他のサービスにしろ、クラウドサービスごとに専用の監視ツールを使うのは面倒なものです。ログインとログアウトを繰り返し、ツールや操作方法に慣れるのに時間を費やす必要があります。PRTGでは、すべてのクラウドサービスの概要をすばやく確認できます。しきい値を超えたら、すばやく通知してくれます。しきい値は、クラウドプロバイダーではなく、ユーザーご自身で定義できます。

2.コストメリットの享受

多くのクラウドサービスについて主に言及されるのは、コスト削減です。しかし、システム障害が発生すると、コスト面でのメリットはすぐに忘れられてしまいます。障害の原因特定のプロセスが、長く煩雑なものであればなおさらです。不必要な人件費も発生するため、すぐに費用がかさんでしまいます。PRTGを使用すれば、クラウド戦略のコストメリットを得られます。

3.自立性の向上

PRTGを使用すれば、独自の監視ツールを使えます。ツールの構成はすべてご自身でカスタマイズできるので、お使いのITシステムに柔軟に対応できます。PRTGなら、システムを保護し、新しいクラウドサービスをインフラに統合する場合でも、それに合わせてライセンスを個別に変更できます。

4.不安の解消

多くのIT部門や専門部署では、クラウドサービスの利用に不安を感じています。多くの場合、システムへの過度の依存やシステム障害のリスクに関する懸念です。PRTGを使用すれば、独立した監視ツールが手に入るため、不安を解消できます。

5.安心感

PRTGは、しきい値を超えた場合にのみ通知します。つまり、すべてが正常であることを知らせるような、メールによる毎日のステータス更新は届きません。もちろん、この通知機能を選択した場合は別です。ダッシュボードをざっと見て、問題がないことを確認するだけです。緊急時はすぐにアラートが通知されることがわかっているので、安心して作業を完了することができます。

cloud-monitoring.png
 

white paper private cloud computing

ホワイトペーパー「プライベートクラウドの監視」

クラウドコンピューティングについての詳しい情報は、ホワイトペーパーでご案内しています。プライベートクラウドの監視がもたらすチャンスと、クラウドで一貫性のあるネットワーク監視が重要になる理由についてご紹介します。

今すぐ無料のホワイトペーパー をダウンロード。

 

 

30万人のユーザーから信頼され、アナリストから
業界トップクラスとして認められています 。

「すばらしいネットワークおよび
インフラ監視ソリューションです。
導入が簡単で使いやすく、
最高のソリューションですね。」

その他のレビュー

「完璧なソフトウェア。サポートも優れていて、あらゆるニーズと要件を満たしてくれます。何らかの監視を必要とする企業
には、欠かせないソリューションです。」

その他のレビュー

「PRTGは、統合インフラ管理およびネットワーク監視サービスであることを主眼に
置いている、優れたツールです。」

その他のレビュー

 

無料ダウンロード

>センサー数無制限のPRTGを30日間お試しいただけます。30日後、PRTGは無料版(100センサー)に切り替わります。
なお、いつでも有償ライセンス版にアップグレードできます。

 

PRTGはシステム管理者のためのスイスアーミーナイフ

強力なAPIを使用すれば、PRTGをニーズに合わせて個別かつ動的に調整できます。

  • HTTP-API: HTTP要求を使用し、監視データにアクセスして監視オブジェクトを操作
  • カスタムセンサー: 独自のセンサーを作成し、監視をカスタマイズ
  • カスタム通知: 独自の通知を作成して、外部システムにアラームを送信
  • 新しいREST APIセンサー: XMLやJSONを提供するほとんどすべてのものを監視

 

PRTGなら、ネットワーク、データセンター、
クラウドサービス全体を一元監視
 

 

その他のネットワーク関連の監視トピックの詳細を見る

 

データセンター監視

データセンターは、すべてのITインフラの中心です。PRTGなら、データセンターを24時間365日監視することで、ボトルネックやシステム停止を回避します。


 

さらに読む

SharePoint監視

SharePointサーバーに誤動作が生じると、重大な結果を招くことがあります。PRTGで監視すれば、問題をすばやく解決し、SharePointを安定した状態に保ちます。

さらに読む
 

Paessler AG –
ドイツの品質工学

無料ダウンロード
  • センサー数無制限のPRTGを30日間お試しいただけます。
  • 30日後、PRTGは無料版(100センサー)
    に切り替わります。
  • なお、いつでも有償ライセンス版にアップグレード
    できます。

 

ドイツ発のソフトウェア:PRTGネットワーク監視ツールは、専門チームが開発しました。Paessler社は、Dirk Paessler氏によって設立されました。本社は、ドイツの中心部に位置するニュルンベルク市にあります。私たちは、高い品質基準、勤勉さ、コミットメントなどのドイツ人らしい美徳と、国際的で洗練されたセンスを大切にしています。当社の詳細については、こちらをご覧ください。 なお、Paesslerでは定期的に新入社員を募集しています。

導入事例:空港、電力会社、銀行、大学、病院など、PRTGはあらゆる業界で採用されています。お客様のビジネスプロセスと組織プロセスは、ネットワークインフラが適切に機能しているかどうかに左右されます。PRTGの顧客満足度は、ほぼ100%の評価をいただいています。お客様がPRTGをどのようにご利用されているか、導入事例をご紹介します。

製品テスト:PRTGの品質には自信を持ってお届けしていますが、お客様や第三者からの評価はどうでしょうか?PRTGは、テストで常に好結果を残しています。ユーザーのLanLine社からは、「PRTGは数年前の時点ですでによい製品でしたが、バージョンごとにさらに改善を重ねてきています」と、レビューをいただきました。一歩一歩着実に、開発を進めてきました。監視ソフトウェアの製品テストと比較はこちらをご覧ください。

サポート:サポートチームでは、監視の問題解決サポートに日々取り組んでいます。いただいた問い合わせはすべて、24時間以内(営業日)に解決することが目標です。そのために、包括的なマニュアルを作成し、ビデオ、ウェビナー、よくある質問を含む包括的なナレッジベースを構築しました。もちろん、すべてのサポートも含まれています。

使い始めるのは簡単です。トライアル版は無料ですので、安心してお試しいただけます。PRTGの他のバージョンに切り替える場合は、適切なライセンスを検索するだけです。いつでも好きなときにアップグレードできます。

 

 

PRTG

ネットワーク監視ソフトウェア - バージョン20.4.64.1402 (November 24th, 2020)

ホスティング

Windowsにダウンロード または クラウドバージョン も入手可能

対応言語

英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、ポルトガル語、オランダ語、ロシア語、日本語、中国語(簡体字)

価格

100センサーまで無料 (価格帯)

統合監視

ネットワークデバイス、帯域幅、サーバー、アプリケーション、仮想環境、リモートシステム、IoT など

対応しているベンダーとアプリケーション

詳細

This third party content uses Performance cookies. Change your Cookie Settings or

load anyways

*This will leave your Cookie Settings unchanged.